サツマイモ

キャットフードで口内環境ケア

猫は虫歯になる事はありませんが、毎日の食事で食べカスが歯に付着したままだと歯石になり、やがて歯周病になってしまいます。
歯周病になると口からばい菌を飲み込んでしまい、体に影響が出ます。

猫に歯磨きをさせるのはかなり難しく、やるとしても子猫の時から習慣づける必要があります。
簡単にできる事ではないため、口腔ケアをするには歯石を付きにくくするキャットフードを食べさせる方が簡単です。

キャットフードを探す時は口腔ケアやオーラルケアと書いてある物を探します。
メーカーによる違いもありますが、噛む事で歯石を除去する効果、歯ブラシ代わりになる特殊な形状、歯を強くする成分などを配合しているので、普通に食事をするだけで口腔ケアができます。
これなら歯ブラシができない猫でも、キャットフードを食べるだけでいいから飼い主さんも安心です。

実際に口腔ケアができるキャットフードを食べさせた事で、歯石が減っている事も確認されていますから、始めるなら早いほうがいいでしょう。
歯周病が進行すれば、歯槽膿漏になり歯が抜け落ちてしまい硬い物が食べられなくなります。
噛めなくなる事は寿命を縮める事にもつながるので、長生きさせるためにも猫も人間と同じように口腔ケアは重要です。
口臭もひどくなりますし、口の中はばい菌だらけでそれを飲み込んでいると体にも影響が出ます。
口腔ケアは早いほうがいいので、今日からでも始めて行きましょう。